ワンポイントに出てくる%の根拠は

ワンポイントに出てくる、スペルと発音の相関は、Edward Carney氏が、2500万単語から集計し1994年に発表したデータに基づいています。

フィードバックとナレッジベース